2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み最後の日 8/26(日)

日々変化する蝉の鳴き声、アブラゼミや、ニイニイゼミは少し静かになって、
ミンミンゼミ、ツクツクボウシが声高らかに夏の終わりを告げようとしている。
町中と違って、山に囲まれているココは、1匹が鳴き出すと大合唱になる
「ツクツクホーシツクツクホーシツクツクホーシ.....」 
「ミ〜ンミンミンミンミンミ〜〜

ヒグラシは、透き通った声で「カナカナカナカナ........
ちょっぴり物哀しくなる。

一番やかましいのが「クツワムシ」
「ガチャガチャガチャガチャガチャ..........」
もうすぐ、森中が大合唱となるとすごい!


童謡「虫のこえ」の最後に
「ああ おもしろい虫の声」とあるが。。。。クツワムシは別格か。。。

  


つきと画伯は、大作「蜂の一生」の最後の仕上げで
眉間にしわをよせてかなり悩んでいた。
「森の木の色:緑だけじゃないもんむずかしいね。」
濃い緑、黄緑、茶色、陽のあたっている葉っぱは、白くも見える。

描き終えた時には大満足で、「記念写真撮ろうか」「よっしゃ

IMG_0257_500.jpg

今日は、算数、社会。。。一日中頭を使っていたようです。
暗記力、記憶力が抜群なのを初めて知りました。
「どうりで、トランプ:「神経衰弱」は誰と対決してもダントツで勝つんだ〜

二人きりで一日過ごしたのは、初めてでした。
いい思いでになりそうです

関連記事

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。